メインへもどる

2011/05/31

思うこと

こっちにきてまだたった4日だけど、
思ったことがある。
日本にいるときは、なんというか
ゼロの状態でも(気持ちの張り具合)
なんとなく問題なく生きていけていたけど
いまは 何するにも必死で(電車やバスに乗ることや
会話や 買い物も)ここで気を折ってしまったら
生きていけなくなるような そんな状況です。
帰りの飛行機のチケットもとってあるけどそれに
たとえばそれに乗ることも 日にちの変更の電話をしなくちゃいけないし
すんなりとはいきません。まだかえりたくないけど。

気を抜いたら生きていけない状況なんて
わたし一度も経験したことがなかった。
絶対に誰かに守られていたし(家族やともだちや彼氏や)
そんなこと考えもしなかった。

いまもよくしてもらってるし 紹介してもらった
方達もいるし、エレナやハイデや ヤンもいるし
だけど、決定的に何かが違う。
そういう経験をしていること自体 いいことなんだろうなあ
と思う。思うけどやっぱり必死。

これが日常になって ある程度 気を抜いても平気に
なれればしめたものだ
まだ四日 だけどもう四日か ともおもう
ただ生活すること ってけっこう 濃いことなんだな。
いままでそんな風に思わず生活してた
その上に音楽活動や何か作ったりして
濃くしようとしてたけど。基本だけでも十分なんだな

で、やっぱり私は ドイツ 好きです。
もちろん日本も。

よるのさんぽ

 昨日 初めて学校に行った
クラス分けのテストみたいなのとかいろいろあった。
テスト まったくわかんなかった!ショック!!!!
いくらひとりで勉強してても なんかちがったんだ やりかたが!
単語をもっとしらなくちゃ 文章がよめない とわかりました。
だからたぶん いちばんビギナークラス、、 あ〜 すこしでも上のクラスにはいりたかった。。

その後面接もあってそれは 英語でやってもらったんだけど やっぱり8割くらいしかわからなかった。
あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 落ち込むなあ。

そんで 新しい住むとこの住所をきいて(メールで送ったらしいんだけど届いてなかった。学生証もわたしのだけ準備されてなかったんだけど どういうこと!ちゃんとつくってもらったけど。)向かったんだけど、
学校から遠いし!でもいいところだった。ゆったりしている街。
それからシェアってきいてたけど これたぶん ホームステイていうんじゃないの。
完全に私以外 家族なんだけど、、、、
で、六月後半からすむおばさま (ハイデっていうなまえ)にメールしたら
学校に話が違うっていってキャンセルして もうハイデのところにきてそこから通いなさいっていってたけど
けどこの家の人たちすっっごくいい人たちだった。
だからとりあえず 一ヶ月ここから通ってみようと思う。

エレナっていうのがおかあさんで たぶんまだ40代くらいかな 若く見える
エレナがケーキをやいて私を迎えてくれて 夜ご飯もおいしいのをたべさせてくれた
つぎつぎたべさせてくれるから 絶対に太る こわいよう
でも断れないよう。
徐々に断っていこうと思う。
夜にはエレナとちかくの小さな湖に散歩っていうかウォーキングにいった。
おとぎ話のせかいみたいだった。
それでいろいろな植物があって、花のにおいをふたりでかぎまくった。
これがいいとか こっちがベストだとかいって。 良いにおいがしたら どこからこのにおいはくるの!っていてクンクンいぬみたいに鼻をきかせて。
バラがさいていて すっごくいいにおいだったから とってくれた で秘密だっていって エレナの分、なかなかとれなかったから 噛みちぎったわよ っていったから 二人で笑った。 ほんとにかみちぎってたから。 バラの茎を。 そんで すっぱい っていってた。
 バラは部屋にかざっています。

 音の面とかで 気を遣うけどたのしそうな日々になりそう
今日から三日、前住んでいた日本人の女の子がくるそうで いっぱい聞きたいことあるから 楽しみです。
今日から学校の授業スタート。
がんばろっと。 学校にもすこし日本人いた。
でもみんなできそうな感じがしてたから わたしのクラスじゃないかもなあ。

2011/05/30

lecker Suppe!

いってきました。来月末から一緒に住むおばさんのところへ。
駅についた瞬間 うれしさが止まりませんでした。

小さい駅の構内には 小さいキオスクと 小さい花屋さんと、小さい本屋さん 
駅を出ると少しのお店と 移動式(?)の野菜や果物をうっている イチゴの形した屋台がありました。 

地図をみて家を目指してあるきました。
天気が良くて 両側は見たこともないような大きな家が建ち並んでいました。
大きいけれど 派手ではなくて、セキュリティーばっちり!みたいなかんじではなく 簡単な門や 生け垣で ここは安全な街なんだなあ とおもいました。
緑がたくさんで すごく気持ちが良かった。 鳥の声だけがきこえていて ときどき ブーン と虫の羽音がするくらい。
ここ ベルリンなの!とおもうほどの静かさでした。

おばさんの家について どきどきしながらチャイムをならすと おばさんが でてきてくれました。
ああ この人は すごく大丈夫な人だ と見た瞬間安心しました。
わたしの片言の英語にもきちんと耳をかたむけて やさしくゆっくり話してくれました。
おばさんっいうか おばさま っていう感じ
だけどぜんぜん気取ってなくて 気さくな、ともだちみたいな人でした。
家に入ると 私の部屋やほかの部屋も紹介してくれて、どうやら ここは 両親の家だけど、
去年母親が亡くなってしまい 一人になったから 部屋を貸している というようなことをいっていました。
一通り紹介がおわったら もしよかったら ランチにドイツのスープをつくったんだけど食べていかない? とさそってくれたので わたしはもちろん よろこんでと たべさせていただくことにしました。
下の階には おばさまの友達も遊びに来ていて すこしふとった これまた やさしさが全身からあふれているおばさんがいました
彼女は、英語が話せないので おばさまが時々通訳してくれて 三人でおいしいスープを食べました。 
ジャガイモと にんじんと 牛肉と 少しの お米か玄米か麦みたいな穀物がはいった やさしいスープです。 大阪でドイツ語をならってたときや友人におしえてもらった ドイツ語が役立ちました。 lecker!(おいしい)とか そういう片言ドイツ語が役に立ちました。
特に、ドイツ語しかはなせない おばさんがよろこんでくれました。
ドイツ語仲間とアウトプット会(ルー大柴のようにドイツ語を挟み込んでランチを食べる会) やっててよかった〜 !!
そしたら また別の友人夫婦がやってきて このおばさまは友達もたくさんいるんだな と人柄の良さをかんじました。
その友人夫婦もおだやかないい人たちでした。 福島のこととかきかれて うまく答えられなかった。 言いたいことがたくさんあるのに、英語になって出すには難しくて、だけど一生懸命 簡単な英語で答えるのをみんな 真剣に理解しようときいてくれた。
おばさんの一人が 日本は首相を女性にするべきよ といっていて 私はもっともだ。とおもった。 きっとなにかがかわるはずだ とおもった。

ドイツ語を時々訳してもらったり 逆に私の英語をドイツ語に訳してもらいながら
会話をしていて わたしは この ザ・ドイツ人(おじさんなんか ほっぺたが赤い)のおじちゃんおばちゃんにまじって  おばさまの家で おばさまのつくったSuppe(スープ)をたべて なんだか 一昨日までふつうに日本でくらしていたのに なにやってんだ とおもって すごくたのしくなってきた。
言葉はまだ 単語しか聞き取れないけど、でもたのしかった。

それから帰り際家賃をわたそうとしたら、 あなたが次に越してくるときでいいから と
うけとらず お金に対する執着のなさを感じました。 
(私にあって 住まわせたくない気持ちになったんじゃないといいんだけど、、そう考えるとこわいわ、、、)
で、湖までのみちをおしえてもらったから 湖によってかえりました。
そこまでの道がまたさらに 両側が 大きい家だらけで


 絵本の中じゃないだろうか と思う
くらいのいい家でした。

 テーマパークやそれから日本の高級住宅街に
 似せてつくったような大きな家はあるかもしれないけど、

どれも古くからありそうな家々で



 これが本物なんだなとおもった。
こんな家が両側にごろごろあった。
キツキツにならんでいるんじゃなくって、

ちゃんと余裕を持って。

隙間は緑がたくさん。



その通りをまっすぐ抜けると小さい湖があって そこもまたきれいだった。
さらに進むと大きな湖に。
一周 あるいて 約一時間だっていうから よし 歩いてみよう と思い、スタートしました。
ランニングの人がたくさいいいるよ 週末だから って おじちゃんがいってたけど 本と人がたくさんいた。
家族連れに ランニングの人 サイクリングの人、 泳いでる人(!) デートしてるひとたち、 ぼーーっとすわってるひとたち 犬の散歩のひとたち(犬ががんがん湖にとびこんでた)。
アジア人はわたしだけだったけど 誰も気にする様子はなかった。
おだやかだった。
風が吹いて 鳥の声がして 水面がひかって、
うれしくて うれしくて ここに住めるのか と思うと ゆめじゃないか とおもった。
水は透明で透き通っていた。
ゆっくり歩いてまわった。 その一時間は自分のことを考えるのに充分な時間だった。
また ここにこようとおもった。












いま私は仮に住んでるアパートのある地名を言うとおばさまは そこはあまり良くないよ タクシーで移動するべき!といっていたけど 
アパート周辺の駅にもどってきたら そりゃそうだ  と おもった。
やっぱりおばさまの地域にくらべたら ここの 街の感じは ああ そうだな と思う感じだった。 そう思ってあるいてたら 若者が 2ユーロください みたいなこといってよってきたから 無視してあるいた。1ユーロじゃないところが またずうずうしいなと思った。
う〜ん やっぱ 治安はよくなさそうだ。
 最初の夜 すぐ引き返して正解だったのかも。
いま早朝5:45だけど 今日 ここをはなれて 学校の下宿にいきます。
どうなることやら。

2011/05/29

巨大

今朝体重を量ったら思ったより増えてなかったので、 昨日のパン屋さんにパンを買いに行きました。
ちょっと甘いのもかってみようとおもって。
パン屋のおばさんは英語で話しかけてもドイツ語で返してくるけど、
愛想のいいおばさんです。
巨大クロワッサンを買いました。


どんだけ巨大化というと



これくらいです。
これがふつうなのかな、、
味はめちゃくちゃおいしかった。


さくさくで中はふわふわ しっとりでした。
ほんのり甘い。





もう一個は あまそうなやつ。

これたのんだら おばさんが これはドイツのなんとかだってたぶん言ってたようなかんじでした。
はやいしドイツ語だからわからないけど 
そんなかんじだったとおもう。
ちがくてもまあ 困らないからいいか。

 でこれも 巨大

 味は 思ったより甘くなかったけど まあ 甘かった。
パンはずっしりしていた。
半分だけたべてあとは冷蔵庫に入れといた。

チーズっぽい味もしたんだけどよくわかんないものだった。おいしかったけど。



鳥の声と 教会の鐘の音がいまきこえてます。
向かいのアパートのベランダでおじさん二人がテーブルと椅子だして なんかお話ししてる。
まる聞こえだけど なんていってるかわかんない。
さわやかな朝
今日は昼からでかけるので まだのんびりできます。
旅行だったら時間もったいないから早く準備しなくちゃってなるけど、そうじゃないから らくです。
で 頻繁にブログかきすぎだろうっておもうかもしれませんが、これは自分の日記でもあるので かけるときに書いて残しておこうと思います。
すぐ飽きてめんどくさくなるのは目に見えてますが そのときはそのときです。

そしてまだ時差ぼけがなおらない。 ねむい。 すごくねむい。
変な時間に目が覚めて 変な時間にねむくなる リズムをつくらなくては。

やはり かわらぬ 

アパートのそと。









うすぐらい ろうか




を通って 中庭をぬけて 階段をのぼる。






今日は携帯を買う日。
都会にでりゃ何とかなるだろと思って

一応地球の歩き方 にのってた 家電量販店が入ってる店ってのがあるらしいし。
Alexander platz という都会っぽい駅をめざす。

バスで。


家電量販店で 携帯吟味しまくり。
日本じゃ見ないデザインばかりで わくわく。でもどれもそれなりに高い。
プリペイドの携帯にしようとおもって もうドイツ語ばかりで何が何だかわからないので
お店の人に尋ねると すべての機種はプリペイド対応だそうで 日本でもそんなのしらなかった。もちろんすごく安い機種もあったけど かわいさで選びました。
99ユーロ。
まあまあしたなあ

 これを買った。
スライドさせたところ



これがまたくせ者で アパートかえってから 
simカードの設定を
教えてもらったウェブサイトでしたんだけど、
おい 全部ドイツ語じゃないか。
わかりっこない!と もう全然わからなかったけど
やるしかないので 翻訳サイトとカンで乗り切った。
これはけっこうくろうしました。
なんとかつかえるようになりました。
それはまあ帰ってきてからの作業だったんですが。
そして携帯を買って、うろうろして、ミントティーのパックを買ったり、地図を買いに行ったり、それから学校の場所を確認をしにいきました。
もちろん地図を見て。
そして ああ やっぱりか と思いました。
また真逆に歩いてきてしまっていた。
一駅ぶん。。。
引き返してなんとか学校の位置確認。

のどかわいたなと思ってたら、若い子がやたら次々はいっていくフローズンヨーグルトのお店があったから
はいって、スムージーを頼んでみた。
みっつまで具を無料でまぜてくれるというので
ブルーベリーとラズベリーとほおずき みたいなやつをまぜてみた おいしかったです。

てきとうにうろうろあるきまわって すごく歩いた


 いまのところ ともだちは この子だけです、ドイツで。

帰りのバス停の場所がぜんぜんわからなくて、
地下鉄で帰ろうとしても わたしの駅までいくやつがぜんぜんこなくて (たとえば御堂筋線で千里中央にいきたいのに、 江坂までとか新大阪まで しかこない)しびれを切らして よしとりあえず 江坂まで行って そこでバス停をさがそう と思い、江坂までいきました。江坂じゃないけど。
作戦成功
スムーズにかえれました。 あのうろうろしてた時間はなんだったんだ。

質素な夕食。朝ご飯とほぼ一緒だけど パンはスーパーでかったやつ、まずくないけど やっぱパン屋さんでかったほうがおいしい。明日の朝もかいにいこう、パン屋さんに。それから味付けでとりあえず塩とマヨネーズを買ったから ゆでた野菜が無味じゃなくなった。
かえって 携帯を何とか使えるようにして、(途中なんども あきらめかけたけど99ユーロもはらったんだということを思い出しがんばった 17ユーロのへんなやつにしなくてよかった)
明日会う予定の 六月後半から一緒に住むおばさんに電話をかけて 時間をきめた。
ああ緊張した、
やさしそうな声だった。
それからドイツの友達Janにでんわしてみた。 つながったよと。
日本語ではなせることのありがたみ!しかも携帯でメールがくるうれしさ!(いまのところJanだけですけどね、、、)
ざんねんながら なんだか日本とちがって 携帯メールって 電話番号でやるみたいで Emailがそれほど主流じゃなさそうなんだけど、janもよくわかってなくて
まだ使いこなせてません。
Janはベルリンにすんでいないけど こんど用事でこっちくるみたい

街をあるいてても みんな友達同士でたのしそうで うらやましいので
日本人の観光客っぽいひとも 友達同士で地図見てたのしそう。
こっちは 鬼の形相で一人学校やバス停をさがしさまよっていたというのに。
いやでもそれも 楽しいんだけど。
でもはやく一緒にでかけられる友達ができたらいいなあ。

2011/05/28

あさだよ

朝になって事務所があいたので Wifiのパスをきいたり 映らなかったテレビも 映るようにしてもらって  近くのスーパーをきいて 買い物してきた。
とりあえず、朝ご飯をなにか食べようと思って。 ソーセージとサラダと水とヨーグルトとパンをかった。全部安かった。
歩いてたら行きは気づかなかったパン屋さんをみつけたので 入ってプチパンを二つかった。
焼きたてでおいしそう。二つで48セント やすいなあ。スーパーでも日本では高い食べ物がやすかった。チーズとかソーセージとか。だいたい100円前後かそれ以下くらいとおもう。
で、アパートにもどって、 ネットつないでみた。

そしたらいきなりヤフーニュースでドイツで食中毒が多発してるとのこと。
おい やめておくれよ とおもって とりあえず 買ったサラダもゆでてみた。
ゆでたらなんとかなるだろう とおもったから。ソーセージも完璧にゆでて食べた。
プチパンがめちゃくちゃおいしかった。この調子だと確実に太る。
気をつけなくてはいけない。
バイト先のカフェの方々に餞別でもらった コンパクトな体重計、こわくてまだ乗れてません。
あしたからしっかりと乗る。

さて、そろそろ街に出てみようかと思います。
学校の場所確認と 携帯購入。
六月後半から住む家のおばさんに電話しなくちゃいけないからね。
明日おばさんに会いに行く。
電話で英語を話す不安が すごいあるけど、まあなんとかなるかな。

いまのところ言葉は大丈夫みたい。みんな簡単な英語ではなしてくれるから助かります。
そこらからきこえてくるドイツ語はぜんぜん聞き取れないけど。



アパートの窓からみえる 向こうのたてもの









部屋の様子








キッチン











ベッド










まどべ










まどべ



花が造花なのが残念。



もし、ベルリンとかに遊びに行くときに 予算をおさえたいけど、 ユースホステルはちょっとやだなあ と思ってる方がいたら、 アパートをかりるのも手かもしれません。
ホテルみたいにご飯はついてないけど、調理器具つかえるし、まあまあ安いしそこそこの広さです。
わたしのとこは三泊で 135 ユーロだった。 (一日45ユーロ)
しかも清潔感あるかんじです。事務所のおっちゃんも優しい。
でわでわ〜また。

Berlin 1


一日目
7時50分くらい伊丹発で成田、コペンハーゲン乗り換えでベルリンへ。
それぞれ待ち時間が退屈だったけどなんとか今コペンハーゲンで ベルリン行きの飛行機をまってるところ。成田からコペンハーゲンまで 10時間 コペンハーゲンからベルリンまで一時間。
あとちょっとでベルリン。
飛行機の中ではめちゃくちゃ寝て、さらに待ち時間はぼーーーーっとしていた。
コペンハーゲンの空港はのんびりしてる感じがした。 自分がぼーーっとしてたからかもしれないけど。
そして スカンジナビア航空できたんだけど、機内食がおいしかった。
おなかへってたからかな。

ここまできてまだ、旅行のようにすぐ帰らないという実感がないな。
きっとそのまま続いていくのかな。
できるだけ なじんでみようと思う。 ドイツに。
そんなことをぼーっと 雲の流れるのをみながら 思った。
ずーっとばたばたしてたから、なんかいきなりゆっくりした時間で 良いなあ。
でもまだ難関は続く、、
ドイツでバス乗ったことないんだけど、それにのって(しかもバスからバスへ乗り継いで)
今日から三日間とまるアパートを目指すんだ。
次この文章を書くのはアパートついてからだろうな。
アパートもなんかややこしくて場所もいまいちわかってないし なんか暗証番号みたいなのを入力して入るみたいな感じなんだけど、、 わたしが着くのが遅い時間だから。

さっきまで周りは英語だったけど もうドイツ語になっちゃった。
よけい全然何言ってるかわかんない〜!
ふむふむ こうやって 言葉をおぼえていくんだろうなあ。
わたしもこの謎な言葉を話せるようになりたいなあ。 
そして 時差で眠い。
明日どこへ行くかもまだ決めてないんだよねえ。
とりあえず、携帯電話を買いに行って、学校の場所を確認するか。
あと、ベルリンの地図を手に入れなければ。
あ 飛行機のります。


コペンハーゲンからベルリンまでは 二列二列のものすごく小さい飛行機。
時差の影響か 座った瞬間爆睡。
途中水を配られた記憶があるけどそれ以外まったく覚えてない。
で、着陸の衝撃で目が覚めたのだけど、そのとき 強烈な
夕日のオレンジの光が斜め前の窓に反射して すっごくひかった。
衝撃で目を覚ましていきなりその光が目に飛び込んできた。
なんかすごく はっ とした。
ぎらっとひかった。
そして
飛行機をおりたらすこし寒かった。
そこでやっと、ああ新しい生活がはじまるんだ と思ってちょっとにやっとした。


おもってたより空港が小さいし入国審査とかもなかったので
すぐ外に出られた。
調べてたバスの時間はもっとおそいやつ、、 さてどうしよう。
調べてわかったんだけど時間によって乗り換えの場所がちがったりしてたものだから
うーん 調べてた時間までもっと待つか、、とも思ったんだけど、
インフォメーションがあったから聞いた。地図ももらって切符も買って、いざ乗車。
いちいち荷物がものすごく重い。
乗り換えのバス停もしっかりおしえてもらって、なんとか目的地のバス停までついた。
地図をかたてに 今日から三日泊まるアパートへ。ホテルより安いからアパートにしたんだけど。
うう、階段3階まで めちゃくちゃ重い荷物をもってあがらなければならなかった
火事場の馬鹿力ふうに もう いっきにあがった 
上がろうとしたけどむりだったので 二回に分けた。
事務所は20時までで私が着いたのは22時だったから 事前に聞いていたように勝手に部屋にはいって 一段落。


あかんめっちゃのどかわいた 飛行機でもらった水もってきたらよかった と思いながら 休みたい足でむりやり なんか買いにいこうと 夜の街へ。
結構暗いなあ そしてなんもないなあ と思ってたら向こうから
イッヒ なんとか ベルリンなんとか ファ○クとかものすごい大声で叫んでる若者が
歩いてきたので(みんな振り返ってた)なにコワイとおもって
 何か買えそうなお店も見あたらないし アパートへ引き返した。

そして今に至る、
事務所やってないから wifiのパスも聞けず、 とりあえず文章だけ書いておくことにした。
明日の朝 食べ物買いにいこう。そして Wifiのパスもきいて アップしよう、
それから 携帯とかかいにでかけてみよう。

ということで おやすみなさい!

2011/05/26

それから

連絡先は 携帯解約したので、
パソコンで確認するメールへ お願いします。
携帯のメールの @より前はそのままで、@以降は
@gmail.com でお願いします。
もしくは このブログのコメント、また、
twitterは @inunoyume です。
そちらへ連絡していただいても確認できますので どうぞ よろしく

あしたは朝いちの電車で空港いきます

おやすみなさい。

さてと。

夕方、あーちゃんが家まで挨拶しにきてくれて びっくりした!
すっごくうれしかった!ありがとう!!! すっごく!

ついに、明日 出発。
こんな日がやってくるなんて、 想像していたよりはるかに時間の過ぎるのは早い。
なんとなく ほわわわ〜〜んと思っていたことが 現実になって
それもきっと日常になっていく。
きっとなにも特別なことじゃなくて、明日はきっと、今日の続き。
おなじ24時間。

ひとりぼっちのような気になるけれど、それはどこにいたって同じことだ。

毎日繰り返される こんにちは と さようなら。

わたしが言うさようならは それと同じ さようなら。

今日の、さようなら。

そして明日は また毎日と同じ こんにちは。

場所は 大阪じゃなくって Berlinだけどね!!!

さ〜〜て どうなることやら!


ちょっとだけ違う日々が はじまります。



(ひゃ〜〜〜〜ほんとは すっごく 不安だらけ!)

2011/05/25

おタグとわたし otag und mir

一昨日の晩は 両親と妹とご飯を食べに行って
そしてカラオケにいったり 楽しく過ごしました
ひさしぶりに、父や母とゆっくりはなしをして いい機会だったな!
そして
昨日は足りないものを買いにいったり市役所やらの手続きとかなんだかんだで 前半を過ごしました。
四月末くらいからなんだか忙しくて その疲れがどっときたのか
朝起きてからず〜〜っとだるいなあ とおもってて 
買い物がおわったくらいで 無表情の感情ゼロ状態になってしまって これはまずいぞ と思いました。まだ足りないものを買い足さなくてはいけなかったのですが もうやめて
かえってすこしだけ寝ました。
そしたらすこしましになって、ハーブ師匠からこういうときはスペアミントがいいってきいたので ベランダでそだててるミントの葉っぱをお湯に入れてのみました。
そしたらおなかが ほわわわわ〜〜となって 気持ちもすっきりしました。

これで前から約束してたおたぐちとの ホルモン へ張り切っていけそうだと 確信しました。
 ということで おたぐちと待ち合わせてホルモンたべにいきました。
食中毒が各地で発生している影響か お店 貸し切り状態、、、
でもおいしかった!

おたぐちは、ここ7〜8年の中で おそらく、一番会っていた友達です。
だれかの個展観に行ったり、ヅカメイクしたり なんかたべたり 旅行に行ったり
うろうろしたり、なんか一緒に作ったり、焼き鳥もホルモンも だらだらいったり
約束もなしで仕事終わりでたべにいったり。
不毛な恋愛話を延々したり。ものを作ることについて真剣に話したり。
想像だけで話を膨らましてわらったり。
ライブも毎回みにきてくれて ジャケットの絵も書いてくれて
って思い出してたらいろいろきりがないですが、そしてそれはこれからも続くわけですが。
そんなおたぐちとばったり会わなくなるのか〜っていうことで やっぱりすこしさみしかったけど、昨日はたのしかった。

 ホルモンを一通りたべおわったらなんと 
ごそごそとケーキをだしてくれました。
お店の人にちゃんと事前に許可もとってたみたい
プレートにはドイツ語で幸運をいのりますってかいてくれてた、うれしかったようおうおうお

おもえば、
おたぐちの誕生日のときにもこの店で ケーキをもちこんで お祝いしたな。
そのときはわたしがこっそりとやったんだった。
そのお返しをしてくれたんだ。
ありがとう!!うれしいものだねえ!
ホルモンやさんなのに ケーキたべて あったかいお茶飲んでなにかカフェとかんちがいしているんじゃないかというかんじだけど たのしかった。そしておいしかった。


それから わたしが おたぐちが作っている ゆびおき の大きいのがほしいといってたのをおぼえていてくれて
つくってくれた!



 これ、みえないけど ペンギンなんだそうです。










ぜったいに ペンギンにみえないけど

でもすっっごくかわいい! たまらないです すべてが。




糸の色も私好みにしてくれたんだろうなあ。


ありがとう!ほかにもすごいたくさんいろいろ詰め合わせがあって
しかもそれぞれが普段のなにげない会話からみつけてくれたわたしが喜ぶものであって
うれしくてたまりませんでした。
ホルモンやさんに3~4時間いてしまったという、そしてその間お客さんは私たちのほかに一人しかこなかったという。
ホルモンを食べながらおたぐちのためにひもを編んだり、
お茶や梅酒をのみながら アクセサリーをつくったりしていて 本当に
カフェか 居酒屋さんか 家のような感じですごしてしまったけど
お店の人もやさしくて よかった。


そんな日をすごしました。
前半の疲れなんかどこへやら。
時間はあってもあってもたりなくて、そして電車にのった私をさいごまで みおくってくれた。
悲しくないけどやっぱりさみしい。
でも、大丈夫!
まったく、問題は何一つありません。
わたしたちは 今まで通り、自分の新しい生活をみつめて すすむだけ。
それだけで大丈夫。 なにも問題はない。

これで 私のドイツ前、友達にあう予定はすべて終了。あとは荷造り(まだやってないんかい)
そして家族で過ごして、 旅立つだけ!
さ〜て 買いそびれたやつをかいにいこう
レンジでご飯たける容器みたいなのを 買いたいんです。
うってるかな、いいの。




2011/05/24

レディース

昨日は例の声の仕事制作仲間・ 制作会社のSさん、相棒の声のSさん、イラストレーターのMくんたちとお昼を食べました。会社の近くのおいしカフェで、
アロマに、ハーブ、漢方から 雪解け水の話や、出産まで、なんて、女性の会っぽい内容!
 女子会というやつかしら!でもこう書くとなんか ほんとにそれぽい感じなんですけど、
ぜんぜんそんなんじゃなくて 話してるのが私たちですからね、、
しかも男性ひとり(アロマに興味津々)混じってるし。
ご飯もシュークリームもお茶もとってもおいしかった!(さらにおみやげでもらったメレンゲもものすごいおいしかった)

たのしいご飯がおわって 相棒のSさん、Mくんと別れて 
本日のメイン Sさんに ネイルサロンにつれてってもらう、、!!
かなり前から言ってて やっと実現しました!わくわくどきどき!!!
どんなとこだろな〜!とおもってたらなんか 帝国ホテルの中のVIPなところでした!
うわ〜〜〜 入り口からすでに 丁寧な対応! 


ネイルサロンも生まれて初めてでなんかセレブな感じの爪になるのかな!どんなかな!
っておもってたけど Sさんおすすめのネイリストの方がめっちゃ要望を聞いてくださって
 まさに好みのものにしてもらった。プロですなああ。






雪解け水や空のさわやかな感じと、星空 というめちゃくちゃあいまいなイメージなのにね、
それから 星空を飛ぶレモン色の小鳥もかいてもらいました。




爪って写すのむずかしいな
 左手が夜空で右手が朝

楽器弾くし、昨日までカフェではたらいてたから、
ネイルはだめだったし、爪はみじか〜く切ってるから
どんなんなるかとおもってたけど
すごくかわいくしてもらった。





うまくうつせなかったけど、左手の小指に密かに
双葉もかいてもらっています。









レモン色の小鳥が とんでいくところ




朝の中 とんでるところ








絵本みたいな手になった。









爪はこんなにすてきなのに 手の形がなんかもう 芋みたいだから ちょっとはずかしや〜
 こんなほんと贅沢な経験をさせてもらって 心の底から ああ 女性でよかった
と思いました。
世の女性たちがネイルサロンに通う心がわかりました。
うれしくて 何度もみてしまう。
透明のなかにあるもの に激しく関心をもってしまうのですが、この爪はまさにそれです、
厚みのあるジェルのなかに星ぞらとか もう 信じられないほどのよろこびです。
そしたらSさんも透明の中にあるものが大好きらしくて それを分かち合えてすごくよかった
(たとえば夏の和菓子の 透明の中にはいってる金魚のお菓子とか)
靴もたまたま、がらは違うけど 同じsousouの地下足袋だったし なにかただならぬ共通点を感じます。


ありがとう!

2011/05/21

わたしのすきなひと 

今日は声の仕事でした。
私がドイツへいくので ありがたいことに 早めてくださって、 来年のお正月用の曲と、もう一つコマーシャル用の曲の録音です。
このキャラクターの声をさせてもらって、かれこれ 五年になります。 はやい。

はやすぎる。

今回の曲もとっても
好きな曲です。

中からみたらこんなの。みんなが何しゃべってるか 普通にしてたら全く聞こえないので なんとなく ああ わらってる とか 
何話してるんだろう というのがきになるけど、 みんな笑顔でこっちみてて 好きな場所です。



思えば 尾道でライブしたのがきかっけで 今に至ります。
私は録音の時だけなので そんなに頻繁にみなさんにお会いするわけではありませんが、
大好きなひとたちです。 みんなと一つのものを作ることができることはすごく幸せです。

今日の録音も楽しかった。
録音の後、メキシコ料理のお店を貸し切って 私の歓送会を催してくれました。
おいしかった〜〜!!!!
そして 少しだけみんなの前でうたったりしました。
そしたらこんどはみんなが私のためにうたってくれて 
うれしくて 泣いてしまいました。 恥ずかしや。
寂しいんじゃないよ、うれしくて。
わたしは本当に幸せなものです。
ありがとう。
それから こんなすばらしい色紙!すてきな鞄やおすすめグッズたくさんや、はんかちや 握手や、ついに金子みすゞ詩集!お手紙、キャラクターのグッズ、ハグやそれから 楽しい時間!!
たくさんのものをいただきました。


色紙の絵
一応キャラクターは顔にモザイクをいれておきました。
このキャラクターをかいてるモリタくんが 私も描いてくれました。手書きだよ! 似てるし なによりギタレレが忠実に再現されている!
すっっっっごくうれしかった!!!
たくさん写真みて 研究して描いてくださったみたい。
すごいよモリタくん!

このおだやかなおもしろくてやさしいみんなを、
私はほんとうにみんなのことがすきだとおもいました。
わたしには 帰る場所があるんだな と思いました。

この気持ちをどこへ向けたらいいのでしょう。
まるで 恋する おとめのような !!

2011/05/20

もらった もの やさしい もの

それでもなんだか 毎日 気持ちが沈んで。

急に不安になったり、 いつものごとく 同じところをぐるぐるまわり、自分の必要性だとか
それからいなくなったあとにも続く世界の続きにちょっとやきもちをやいたり、(みっともないですね) そういうので くさくさしてたんですけど。
そういう自分の頭の中もいやだし もうどっちへいっても行き止まりばかりで どこへむかうやらわからなくなりかけていたのですが。

だけど ともだちの言葉が風穴をあけてくれた
苦しい日々のなかでこそ 自分の平気がわかるでしょって
それから、 自分はこうだってきめないほうがいい って。
よかったなあ、ほんと、自分の中から自分を観てたら なんにも見えない。
壁しか見えない。
壁を視て、みえてくるものもそりゃあるけど それは結局自分の中でしかない

そとにはもっと ちがったものが あったんだ
時々それは 自分を救うのに十分なひかりであったりもする

耳を澄ますこと


同じところで同じものをみたり
まいにち話をしたり 顔を見たり。
そうしたくなっちゃうけど、

そうじゃなくって、
ちがうところで ちがうものをみて
顔を見なくたって 話をしなくたって

そうやってすごして きっとまたあって
それから 顔を見て話をして その間のことをしるのも
たのしいかもね、 そういうことでしょう?


頻繁にあってたともだちに 急にあえなくなったり
ついつい頼りにしてしまう人に 助けをもとめられなくなったり
それから、おいてかれそうで 不安になったり

でもわたしの住む世界は一つじゃない
たくさんのつながった世界を いったりきたり 渡ったり 潜ったり
そうして それぞれがもってる それぞれのつながった世界の そのつながったところで
出会って うれしくて かなしくて さみしくて それから たのしくて
そうやって少しずつ分け合って そうやってたぶん 世界をつくっている
私のしらない世界があって あたりまえだった
全部が進んで動いている。みんな それぞれの世界がある。
それぞれの世界とつながってる。 知らないところで 知らない世界と。

ちがうとこで見つけた世界をもってかえって また 見せ合おう。

約束はいらない

だから 大丈夫。


 自分で自分の範囲をきめないこと
行き止まりを自分でつくらないこと
じぶんの平気をしること。
しんじること
あんしんすること
ほんとうのことは ここにあって
どこにもいかない。

だいじなものはいつも ここにある

そして、それはいつも たいして 、
たいそうなものではない。
簡単なもので 
だけどいちばんきれいなもの。

だれかが発している優しさは、
自分が気づいているものだけじゃないね

なんて すてきなんでしょ。
  
ありがとね!

月のした てをつないで たちどまる

いわちゃんの誕生日のおいわい
友達の旦那さんのメキシコ料理のお店。
おいしかった!タコス!タコス!それから
チーズのはさまったなにか薄いやつ!あれすごいおいしい。
また帰ってきたら行きたいな。

いわちゃんへのプレゼント。 チコとふたりで
集合前に作った 鏡! 
時間があまりなくて、いそいで買い出ししてたら なんと 予定してた集合時間よりだいぶ前に いわちゃんから こちらへ向かうとのメールが!
わたし、あわてて チコに 「いわちゃんもうおわったて!やばい!」と急ぎ足でメールした つもりが。
なんと それ いわちゃんに送ってたみたい!
後からおしえてもらった。
必死で つくろった ちょっと遅れまーす みたいなメールも いわちゃんは全部 わかってたんだなあ 
あはは

鏡はすごくかわいくできた。 
その鏡をプレゼントして タコスたべて ほかのもいろいろ食べて ケーキもたべた。
そしたら これ ふたりから って

びっくりした 私への贈り物。

袋には Gute Reise! 
ドイツ語で よい旅を。いってらっしゃい。みたいな言葉。うわあ なんだろ!

なんだろ!



ほ ほ ほ ほたる石〜〜!!
ほたる石のネックレス つくってくれたんだ!
しかもこの結晶の形のやつ!
たまらないです。 馬ちゃんもついてた!
すてきすぎる。
うれしかった〜〜!!!
まさか自分へもあるなんておもってもなかった


この形のほたる石 ほんとにほしかったんだ。
ありがとう。

帰り道 月がでていて そしてバイバイをいうとき 三人で手をつないだ
前は かなしくなった。
だけど 今日はかなしくなかった。 少しさみしいけれど、大丈夫。
ある人が私に言った。
近くにいても会わなくなる人は会わないし、 逆に 会う人は、どんなに遠くに行っても
絶対にまた 会う。
そうだ、そうだった。 後からやっと言葉をちゃんと理解した。
自分で 大事なものはどんなに遠く離れてもずっとここにある なんて歌つくって歌ってたじゃないか。

そして この二人はもちろん 会う人 だと思ってる。
どんなに離れても ぜったいにまた会える人。
ずっとつながっている人、。
だから大丈夫。
すこし寂しいけど、悲しくはない。
そう思うと、いつもの バイバイと全く同じだ。


きっと。

2011/05/18

ふわふわの

先日はちょっと早めのあーちゃんの誕生日祝いに
ベトナム料理行って 久しぶりにゆっくり話をした
プレゼントも喜んでくれてうれしかった
あーちゃんはこんどゴンダに風呂ンティア 描いてもらう
らしいです。興味ある方ぜひゴンダに一報を。

今日はいろいろ。歯医者さんにいって
歯のクリーニングと検診。
それから必要なものの買い出し。
妹と近所のカフェでご飯たべる

国芳後期行こうとおもってたけど間に合わなそう
で 行くのやめた
大丸のハンズ おタグのみにいこうとおもって
ちょうど良さそうな時間やったので
だめもとでおタグに連絡
おタグ駆けつける(餃子がたべたいと言って。)

共にハンズへ。アニスーのみんなの作品やゴンダの作品
をみる みんなそれぞれにおもしろかった

それから ハンズのペンとノートの試し書きエリアで
そこのノートにかかれた 一般のひとのみんなの試し書きの面白さに
驚愕。
欲しいくらいだった
チャンスがあればみてください

その後餃子たべに中華屋さんへ。おいしかった

あかん食べ過ぎや。
昨日の晩も おいしいネパール料理たらふくたべちった

なんだか少し 安定を欠いている感じ
だからってたべてたらあかんわ


原因はなんとなくわかってる
だからこそなんかフワフワで。
どうしようもないこと どうすればいいかわからないけど。
きっとだれも答えを出せない
なら、それでいいんだってことなんだろな。


そうおもってもモヤはきえないんだけどね


さて、あと10日後はもうベルリンの空の下。

2011/05/17

ハンズとお風呂

ご存じ おたぐち が animationsoupの一員として 
梅田の東急ハンズでなにやら展示をしています。
なんかノートをつかってなんか作るみたいなことを もそもそとしてた記憶があるんですが、
たぶんそれです。わたしもそのノートになんか書きました。
 明日いけたら観に行こうと思います。

名前観てたら あれ ごんも参加してるんやね!
ちなみにゴンは、風呂ンティア という 自宅のお風呂に富士山をかく ということをしています。 すごくすてきな富士山です。 興味のある方は是非ゴンダに連絡してみてください。
 きっと、すごくいいよ!一件だけ描いてるとこ観たけど、すごくよかった。





 

はなとり

はなとり (中山双葉とザ・5〜6人バージョン 2005年)
video

2011/05/15

きのうの

歌舞伎nightは もつ鍋とセットで催したんですが、 もちろんもつ鍋はおいしかった!
そして、わたしの過去のライブ映像をプロジェクターでみせてもらった。
はずかしかったけどおもしろかった!
その様子を撮ったので のせてみます。
少しよっぱらった私たちの声もはいっちゃってますが。

中山双葉とザ・5〜6人 (実際は私含め3人)
2005年 6月 の ベアーズ です。
 6年前?!てことは、23歳。わかい、、、 
でも真っ暗で手元しか見えない。 
video

KABUKI NIGHT

ついにやっちまいました。

海老蔵の歌舞伎を見に行って以来 おたぐちがかねてから やりたいやりたいと言い続けていた 歌舞伎メイク。
そう、隈取りです。






ゼロの状態





第一段階
今回本格的にドーランも購入しての挑戦です。
ドーランて塗るのすっごい難しかった!
ムラができるし かおカッピカピになってくるし
顔が痛くなりました。





完成。


あははは写真をみながらやりました。
筆とかなかったから 指で書きました。
この時点でもう爆笑しすぎて 
腹筋がいたくていたくて息ができないくらい笑いました


 おたぐちの表情がうますぎる 
おたぐちは目が大きいから うまい。
チャップリンの時もめっちゃうまかった。
やっぱ目の周りを黒で囲む方がよかったのかな!?
わたしの写真には黒で囲んでなかったんだけど
ぜったい囲んだほうが それっぽくなる!


次回囲んでみよう。






あかんおもしろすぎる







生活感ある かぶきちゃん









高野さんは口をかく位置を根本的にまちがえているとおもう。
上唇にかかないと!
その顔がもうおもしろくておもしろくて 直視できませんでした。







無農薬レストランを切り盛りする二人という感じにみえなくもないです。




顔は歌舞伎やけど。


そのうち、この顔で何をするのがおもしろいか みたいになってきて、 普段着っぽい感じが一番おもろい
ということになりました。








待ち合わせしてる感じ。










自分で写真とる 若者風 歌舞伎
おたにさんも参戦! わたし今回もデジカメもってくのわすれて、携帯の写真のみ、、
なので良い写真があまりありません。



残念!





営業サラリーマン風。
さすが もと維新派 Kまちさん、
ドーラン塗るのが 速くてうまかった!







こんな遊びは 大人の遊びですね。歌舞伎のカの字もしらないわたしたちが 
ただこの隈取りをやってみたい というだけで やってしまった 不謹慎(?)なあそび、、、
わたしは歌舞伎は見に行ったことがないですが、観に行きたいと思います。